しかっり読める、趣味のクルマ本 株式会社エンスーCARガイド
トップページ編集部情報お問い合わせatom
エンスーCAR本STRUT
エンスーCARガイド
WEB直販限定シリーズ
新着情報をメールで受け取る
取り扱い店
WEB直販について
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ
編集部情報
アンケート/情報提供
編集者blog
from INSIDE 編集部ブログ
編集者blog

クリエーターblog
エンスーマンガ
クリエーターblog
strutwebstrutweb

『ホンダNSXファン』
『ホンダNSXファン』
エンスーCAR本「STRUT」編集部
定価:1995円
A5判・120ページ
発売元:
ISBN:978-4-904760-16-1

ご注文の前に本ページ文末を必ずご確認ください。

1回のお買い物につき一律390円の送料がかかります。
発送までは10日間をいただいております。



amazonでも購入可能です






注文数










※恐れ入りますが配送にあたっての時間指定はできません。
尚、販売特約店でも取り扱っております

書店でご注文の際には「(株)エンスーCARガイド発行・発売の『●△×(書名)』」とお伝えください。

※WEB直販についての詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

品切れでご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
増刷が完了しました。

「これは20周年を迎えた『90年代のクルマ』」ではない。
「今も第一線級の戦闘力を持った『現役』の
スーパースポーツカー、それがNSXだ!」

全編「完全★新規取材」しました
※過去の記事や写真を使用している部分は一箇所もありません

00 mokuji.jpg 01 custom car- 001.jpg


『エンスーCARガイド ホンダNSXファン』

日本が生んだ初めてのスーパースポーツカー・NSXに関する、単なる歴史書ではなく、「今」を記した書籍。

 その発表から20周年を迎えて、さらに注目度が増すNSX。
 しかしNSXで注目すべきなのは「20年目を迎えてもいまだ注目度や人気が高い、90年代のスポーツカー」という観点ではないとエンスーCARガイドは考える。それよりも大事なのは「発表から20年が経過しても、物質的にも思想的にもまったく古びていないことが理由で、現在でも第一級のスーパースポーツであり続けている」こと。そして「オーナーやパーツメーカー/ショップによって常にアップデートが続けられ、『現役』のクルマであり続けている」ことなのだ。

 そこで今回、エンスーCARガイドでは日本が生んだ初めてのスーパースポーツカー・NSXに関する、単なる歴史書ではなく、「今」を記した書籍を刊行することにした。

 内容は多岐に及ぶ。

02 int uehara- 001.jpg 02 int uehara- 002.jpg
 まずはNSX開発者らによる20年後の告白。開発責任者の上原繁氏はNSXは「50年は現役でいられる」旨の発言をし、最後に現在のホンダに対してのオーダーとも取れる注目のコメントを残す。

02 int tukamoto- 001.jpg 02 int tukamoto- 002.jpg
 シャシー設計の塚本氏は「今の技術をNSXに投入しても、市販されたNSXを絶対的に超えることは難しいはず。それほどNSXは完成されていた」とする発言をする。その真意は?

02 int ozaki- 001.jpg
 さらにエンジン設計の尾崎氏、NSXのプロジェクト推進自体に大きく関与している川本信彦氏(元ホンダ代表取締役)らへのインタビューで「NSXという絶対的な価値」の秘密を明かしていく。

03 buyers- 0001.jpg 03 buyers- 0002.jpg
『<今>のバイヤーズガイド』では、相場が下落するどころか毎年上昇し続けているNSXの中古相場と買い方について、NSXに特化しているショップによる独自の見解を紹介していく。「全NSX中でもっともバリューの高いのは初期型だ」「現オーナーが『囲い込み』に入っており、タマ数は今後どんどん減少する」「次期NSXが出ても、初代NSXの価格は下がらないだろう」などなど、興味深い発言が連発する。

01 custom car- 002.jpg
『カスタマイズドカー紹介』では、まさしく「今」NSXを楽しんでいるオーナーらが独自にモディファイした車両を紹介する。ノーマルを維持して乗り続けることはもちろんいいことなのだが、自分色にNSXを染めていくことは、NSXを理解する上でとてもいいプロセスなのだということがわかる企画となっている。

04 gt- 001.jpg
『NSXーGTと市販NSXの関連』と題した企画では、NSXーGTのステアリングを握った筆者が、一般的には希薄とされている市販車との関連性を、販売終了目前のモデルに見たとするレポートを掲載。

05 suzuka- 001.jpg
この他、イベントレポートや最新トピックスなどのコンテンツを満載。「しっかり読める」本として広くNSXオーナーやファンに訴える内容となっている。

体裁:
カラー&モノクロ120ページ

ご注意:カラーページは一般的な雑誌等と違って少なく、8ページしかありません。ただしページ数自体は昨今の弊社書籍よりも多く、また内容についても濃いものと自負しております。
以上をご了承頂いた上でご購入頂ければ幸いです。