しかっり読める、趣味のクルマ本 株式会社エンスーCARガイド
トップページ編集部情報お問い合わせatom
エンスーCAR本STRUT
エンスーCARガイド
WEB直販限定シリーズ
新着情報をメールで受け取る
取り扱い店
WEB直販について
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ
編集部情報
アンケート/情報提供
編集者blog
from INSIDE 編集部ブログ
編集者blog

クリエーターblog
エンスーマンガ
クリエーターblog
strutwebstrutweb

エンスーCARガイドDIRECT ルノー・カングースタイル プラス
エンスーCARガイドDIRECT ルノー・カングースタイル プラス
エンスーCAR本「STRUT」編集部
定価:2625円(税込み)送料無料
A4判・96ページ
発売元:株式会社エンスーCARガイド
ISBN:978-4-904760-07-9

ご注文の前に本ページ文末を必ずご確認ください。

1回のお買い物につき一律390円の送料がかかります。
発送までは10日間をいただいております。



アマゾンでの購入はこちら





注文数







※恐れ入りますが配送にあたっての時間指定はできません。
尚、販売特約店でも取り扱っております

書店でご注文の際には「地方小(ちほうしょう)扱いのエンスーCARガイド・ダイレクト ●▲×(書名)」とお伝えください。

※WEB直販についての詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

 前作『ルノーカングー・スタイル』の好評を受けての第2弾。
 今回はサイズを従来のA5判からA4判に変更しました。とっても見やすく、迫力のある写真が自慢です。

tokushyu0.jpg

 フランス流の合理性とファッショナブルさが同居するハイトワゴン・カングーを愛してやまない人々に送る、世界でも唯一の専門書シリーズ最新作。カングーにまつわる様々な情報をお届けします。

 今回の巻頭特集はヨーロッパ現地で活躍するカングー&ニュー・カングーとそのオーナーに取材しまくった『欧州カングーの生態』。

 チャイルドシート付きのママさん仕様や電話工事仕様にガス漏れ対策用緊急車両などなど、様々なカングー&ニュー・カングーを撮影しました。

 第2特集はここニッポンでのカングーライフを満喫しているオーナーを紹介する『カングー&オーナーズ』。オーナーさんとカングーのラブリーショットのほか、荷室に敷くために作ったオリジナルマットや、HID化したヘッドライトなどなどの、個性的なカスタム内容についても迫ります。

 このほか、国内で早くも登場したニュー・カングーのカスタマイズ車両や、初代カングーのカスタムパーツを紹介するコーナーや、日本導入間近の3ドア・ショートカングーこと『ビーボップ』の最新情報なども掲載。

 カングーファンには興味を持ってもらえる内容となっていると思いますので、是非ともよろしくお願いします。

サイズが大きくなりました
(A5判からA4判に)

『カングー・スタイル プラス』はワイドなA4サイズ。従来の『カングースタイル』(A5サイズ)よりふた回りほど大きくなって、写真の迫力がより大きくなりました。

tokushyu2.jpg tokushyu3.jpg
巻頭特集「欧州カングーの生態」は欧州現地でカングーに乗っているオーナーに直接取材してレポート。フランス・スペインなど4ヶ国を4ヶ月に渡って取材した成果を一挙に紹介する。

tokushyu4.jpg
欧州取材顛末記では「カングーとは愛すべき野良猫である」と結論づける。その根拠とは。


nannga.jpg
エンスーマンガ家・山本マサユキによる描き下ろしのニュー・カングー試乗記も。

kodaira.jpg
カングー&ニュー・カングーのカスタマイズ車両&パーツ紹介では、欧州純正パーツを多用したサンプルを紹介。

catarogue.jpg
フランス現地仕様のカングー・カタログも。

bebop.jpg
カングー最新情報ページ『カングー・タイムス』では日本導入間近とされるビー・ボップを国内での写真に加え、欧州現地で実際に走っている個体も紹介。

owner0.jpg
第2特集は日本のオーナーたちを紹介する『カングー&オーナーズ』

owner2.jpg owner3.jpg
オーナーとカングーの仲良しショットのほかに、コアなモディファイ内容もきっちり紹介。

owner4.jpg
ニュー・カングーオーナーももちろん掲載していますよ。

ishigaki.jpg
カングーに造詣の深い人物を紹介する企画『カングーの男』では、2005年&2006年にニッポンで一番カングーを売った人物が登場します。ルノー本社からわざわざ技術スタッフが来日し、「日本の道路事情に合ったATセッティング」とは何かを検証していた(そしてそれが実際にカングーの改良に反映されていった)といった秘話は興味深い。