しかっり読める、趣味のクルマ本 株式会社エンスーCARガイド
トップページ編集部情報お問い合わせatom
エンスーCAR本STRUT
エンスーCARガイド
WEB直販限定シリーズ
新着情報をメールで受け取る
取り扱い店
WEB直販について
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ
編集部情報
アンケート/情報提供
編集者blog
from INSIDE 編集部ブログ
編集者blog

クリエーターblog
エンスーマンガ
クリエーターblog
strutwebstrutweb

エンスーCAR本「STRUT」DIRECT ISSUE09
エンスーCAR本「STRUT」DIRECT ISSUE09
渡辺陽一郎/古賀敬介/ポルノ鈴木ほか
定価:1995円(税込み)
A5判・96ページ
発売元:株式会社エンスーCARガイド
ISBN:――

ご注文の前に本ページ文末を必ずご確認ください。

1回のお買い物につき一律390円の送料がかかります。
発送までは10日間をいただいております。

(ポイントの有効期限は2011年10月10日までです)



注文数





次回以降の購入に使える5%のポイントがつきます


※受注から10日後の発送となります。

※恐れ入りますが配送にあたっての時間指定はできません。
尚、販売特約店でも取り扱っております

書店でご注文の際には「地方小(ちほうしょう)扱いのエンスーCARガイド・ダイレクト ●▲×(書名)」とお伝えください。

※WEB直販についての詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

新旧カングー&C4ピカソ&欧州ミニバンの
「良さ」の根源に文字で迫る
全70ページの大特集

※完全新規取材で製作しました(「STRUT ISSUE04カングー特集<2010年1月に増刷分入荷しました>」や「エンスーCARガイド ルノー・カングー」に掲載された記事と重複しているものはありません)。

St_09_coverWIDE240-173.jpg

クルマ読みもの誌
エンスーCAR本「STRUT」、
最新9号が出来ました!

特集
「新旧カングー&欧州ミニバンは
ホントにそんなんにイイんですか?」

発売日:2009年12月11日
価格:1995円(税込み)
体裁:A5 カラー&モノクロ96ページ

「メカニズム解説」や「試乗記」はなく、おもしろ度優先の「読みもの」だけで構成していく趣味グルマ本『エンスーCAR本「STRUT(ストラット)」』。2004年の「ISSUE00」刊行から不定期刊行でリリースを続けていますが、このたび最新の「ISSUE09」が完成しましたのでご報告させて頂きます。

 ISSUE09の特集は「新旧カングー&欧州ミニバンはホントにそんなんにイイんですか?」と題して、街に大量にあふれる日本製ミニバンとはひと味もふた味も違うヨーロッパ製ミニバンの魅力の根源を追求します。


 初代カングーや、最近日本でも販売が開始されたニュー・カングー。それにシトロエンC4ピカソなどのヨーロッパ製ミニバンたちが、ここ日本でもエンスージャストの間で人気だ。その理由は輸入ブランドで差別化が図れるから? それもある。国産にはないスタイリッシュな外観を持つから? もちろんそれもあるだろう。だがしかし、我々STRUT編集部はヨーロッパ製ミニバンたちが持つ魅力の根源は、そうした些末なことではなく、クルマが持つ思想や哲学そのものにあるのではないかと考える。そうでなければ、欧州ミニバンたちが「ミニバンにしては楽しい」というレベルではなく、「純粋にクルマとして楽しい」レベルにあることの理由に説明がつかないからだ。
 そこでこのISSUE09の特集では、まずは新旧カングーやC4ピカソ、アヴァンタイムといった、ここ日本で正規輸入元から買える(買えた)モデルを中心に、個々のモデルが持つ特徴に迫ることにした。続いて各界の識者によって「日欧のミニバン作り・ひいてはクルマ作りの哲学の違い」を様々な面から検証している。
 全70ページの特集では欧州ミニバンにおける疑問の数々......「なぜシートアレンジは最小限なのか」「なぜ後席は取り外し式で、しかも重いのか」「リヤガラスにスモーク処理がされたラテンミニバンがないのはなぜ」「なぜ欧州ミニバンだけがエンスーの琴線に触れるのか」について、読者のあなた自身で解答が出せるはず。是非ともお読み頂きたい。

※ご注意
本誌の性格について
STRUTは趣味グルマに関してあくまでも文字で語り尽くす「読みもの」誌です。このため、一般的に新車情報誌に掲載されるような試乗記やメカニズム詳解、"輸入ミニバン全カタログ"といったものは掲載されていません。いわゆる雑誌やムックではなく、評論集と捉えていただいたほうが正確です。お求めになる際は以上の点をご了承のうえでお願いいたします。

001HAYATA.jpg
連載コラム『ハヤちゃんの東奔西走』では、イタリア旅行をともにしたフォードのミニバン『ギャラクシー』から見えた、欧州のミニバン作りの思想をレポート。

002NEW KANG.jpg
ニュー・カングーについては、座席や荷室の使い勝手のほか、「遅いと言われている新型だが、実はコツをつかむと速く走らせることが可能」とする運転方法アドバイスも。

003AVANTIME.jpg
日本で正規輸入元が輸入・販売している(いた)ラテン製ミニバンについて、個々に評論を掲載していきます(いわゆる試乗記ではありません)。これはアヴァンタイム。著者はそのウインカー音にアヴァンの真髄を見ています。

004 KANGOO.jpg
初代カングーについては2人の著者が記しています。

005 MULTI.jpg
ムルティプラについては本誌発行人(マイナーチェンジ前モデルオーナー)が「ムルティプラはミニバン界のフェラーリだ」と、(なかば)強引な持論を展開しています。

006 C4PICASSO.jpg
「C4ピカソは半額で買えるC6である」という評論が展開されるのがこのページ。

007 WANATABE.jpg
カーライフアドバイザーの渡辺陽一郎氏は日欧のミニバンがどう発祥し、どう進化してきて、この先はどうなるのかを論証。「ヨーロッパ人がなぜこれまでミニバンを冷遇してきたか」「ヨーロッパのミニバンが日本製ミニバンを見習うべき点もある」といった新鮮な目線にも注目です。

009 EUROKANG.jpg
フランスで郵便車に使われている初代カングーについて、オーナーへのインタビューとともにレポートも。

010 CITROEN.jpg
歴代シトロエンを乗り継いで、現在はC4ピカソに乗るオーナーが見た「ピカソにシトロエンは残っているか」。

011 TAIDAN.jpg
WRC全戦を現地取材しているライターと、三栄書房の新車雑誌『●△のすべて』シリーズ(輸入車のすべて)編集長による対談では、欧州ミニバンが「イイ」理由を論理的に解き明かしていく。

08 4-KANG.jpg
ルノー本社からもお墨付きをもらっている『クラブ・ルノー・キャトル・ジャポン』の広報担当者は「キャトルの味がカングーに残っているか」を検証。


その他企画

012 PORNO.jpg
ファミ通出身の異色ライター・ポルノ鈴木によるコラムでは、初めての愛車・ミニについての熱い思いが。

013 CLIO.jpg
エンスー車とオーナーの生態を明かす連載「エンスー生活」。今回はルノー・クリオ・ウィリアムズとオーナーが登場。


■目次

連載コラム
『ハヤちゃんの東奔西走』
イタリア1週間爆走で見えた欧州ミニバンの胆どころ

特集
新旧カングー&欧州ミニバンは
ホントにそんなにいいんですか!?

祝・日本上陸
ニューカングー図解

アヴァンタイムからクサラ・ピカソまで
日本正規輸入アリのラテン・ミニバンレビュー集

COMIC
ムルティプラは世界一!のミニバンです(か)
作:ムルティプラの狼

社会生活車としての日欧ミニバン論
文:渡辺陽一郎

COMIC
山本マサユキの乗ってけ!エンスー車SPL.
「ニュー・カングー、いいかも」
作:山本マサユキ

ルノー・キャトル乗りが見たカングー論
文:久保田裕通(クラブ・ルノーキャトル・ジャポン)

フランス・ニースでルノー貨客車はどう使われているか
欧州現地でのカングー・グラフィック
文:古賀敬介

そこにシトロエン哲学はあるのか
シトロエン乗りが買って乗って考えたC4ピカソ論
文:がさ

総括対談:
『欧州ミニバン、ドコがいいのか』
永田元輔(三栄書房「輸入車のすべて」シリーズ編集長)
古賀敬介(WRCジャーナリスト)

連載コラム
ポルノ鈴木の4/2RINGS

連載
エンスー生活
ルノー・クリオ・ウィリアムズの巻