しかっり読める、趣味のクルマ本 株式会社エンスーCARガイド
トップページ編集部情報お問い合わせatom
エンスーCAR本STRUT
エンスーCARガイド
WEB直販限定シリーズ
新着情報をメールで受け取る
取り扱い店
WEB直販について
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ
編集部情報
アンケート/情報提供
編集者blog
from INSIDE 編集部ブログ
編集者blog

クリエーターblog
エンスーマンガ
クリエーターblog
blog-unamiblog-unami

本革じゃなくても高級

ただいま『パンダスタイル』を絶好調(かつやや遅延気味で)制作中の編集部です。

IMG_4799.JPG

先日は写真のような内装を持つ初代パンダを取材してきました。

このシートを見ただけでワカル人にはグレード名がわかると思いますが、ここで言いたいのは詳細なグレード名じゃなくて、このセンスの良さについてなんです。この黒いシートと内装、ぜーんぶビニールレザーなのにぜーんぜん安っぽくないんですよ。素材そのものは誰がどう見てもビニール丸出しなのに、全体の雰囲気がいい。これってなぜなんでしょう?

同じことやっても、いや、カタログに「本革」をうたっているモデルでもすげー安っぽい内装っていっぱいあるのにねえ。

やっぱアレですか、センスですかねえ。うーん、でもセンスのいいデザイナーは日本の自動車メーカーにだっていっぱいいるから、これはやっぱあれですね、センスいいものがプレゼンにかけられたときに「よし! これで行こう」って言ってくれる重役がいるかいないか、がポイントですね。

ニッポンでそういうこと言ってくれる重役って、イメージ的には佐藤浩市あたりなんですが、浩市、マークX乗ってるしなあ(それはCM上の設定)。

(エンスーCARガイド)